女の子はなぜクッキーを焼くのか

アニメやドラマ、そして現実世界でもクッキーを焼く女の子というのが圧倒的多数で存在しています。

私の周りの女の子も家で料理はしないくせにクッキーなどのお菓子作りはよくやるという人が多いのです。

なぜそこまでしてクッキーに情熱を注ぐのか正直理解できませんが、

たしかに自分で作ると美味しいですし何より他のものに比べれば楽で、子どもの頃のどろんこ遊びの延長線上みたいな

ところがあるのかもしれませんね。

どうでもいいですがエプロン姿の女性はなぜかこうたくましくみえますよね。

私がキッチンを仕切っているんだと言わんばかりの威圧感が後ろ姿からもとれます。

クッキングしている気分に少しでも浸るため、それと同時に花嫁修業の入り口として

クッキー作りが選ばれているという可能性もなくはないのでしょう。

いずれにしてもそういった子たちにはクッキーだけではなくて、普通の肉じゃがとかハンバーグとかそういった料理も

作ろうという気持ちになってくれるとありがたいのですがまだまだ先は流そうです。

広告:薬剤師求人クローズ案件スマトンなら非公開情報広告目白押し

コストカットできる自動車保険について

自動車保険には自賠責保険と任意保険があります。一般的には車検と時に一緒に加入するのが自賠責保険です。この保険は絶対に入らなければいけない強制加入保険ですが、任意保険は加入者が必要に応じて加入するものです。

 

任意保険は自賠責保険に加算するための保険ですから、まずは自賠責保険から支払われ、その後保険の内容にあわせて足りない分を任意保険から加算してもらうことになります。任意保険の場合には対人対物保証を中心としたものが人気ですが、同時に同乗者に対する補償や自賠責保険にはない車両保険なども加入することができます。

 

また弁護士を必要とする解決方法になった時、無料で相談できる場合と弁護士費用が支払われる保険もあります。その他にも自分の車が事故車両となり、修理期間中の代車費用も加算できるものなどがあります。

 

これらの保険は加入内容によって保証が違うため、その分だけ保険料にも違いが出てきます。特に車両保険は車の修理だけではなく全損補償の場合もありますので、保険料は高額になることもあります。

今では一般的な保険代理店を通さずに、ネットを利用してダイレクト保険に加入できるようになりましたので、保険料だけで比べると断然お得になってきます。

現在では保険料コストを下げることができるため、ダイレクト保険が人気の高い自動車保険と言われています。

自動車保険比較の即答瞬速ナビ

 

太陽の元で..

私が所属するサッカークラブのメンバーとその家族でバーベキュー大会を行いました。緑が多い自然の中天気もよく絶好の日和でした。家族を含めた人数ですから大変な数で50人弱ぐらいのバーベキューです。買い出しも分担で男性陣は肉の仕入れとバーベキューの備品準備で女性は料理の下準備です。近所に業務用スーパーがあるのですがそのお店は量のみならず値段も破格でいつも利用しています。肉だけでも大変な量ですがどれだけ消費するかの検討がつきませんでしたので一人消費目安を店員に聞き購入しました。キャンプ場でしたので炭しかいらなかったので楽でした。火を起こしいよいよバーベキュー大会の始まりです。飲んで食べてのお祭り騒ぎで途中ビンゴゲーム等を行い楽しい時間が過ぎていきます。やはり外で行うイベントはいいもので解放感はあるし太陽の元で飲める一杯は格別です。大盛況のうちにお開きとなり次回はサクラの元で行う計画を約束し解散しました。普段のストレスも発散出来また明日から頑張るぞー。

愛媛県の 肱川の近くで 生まれました私です。

四国のイメージは暖かいという感じかもしれませんが、やはり冬は寒いです。街中から少しでも山手の方、海の近くに行けば又気温も下がります。私みたいなん寒がりは、北海道や、東北地方などには、住めないのかとも思います。お誕生日は1月15日なのですが、学校へ通う頃はいつも成人式で祝日となり、あたしのお誕生日だから、学校はお休みなど勝手思っていました。私が生まれます、予定日は1月1日だったと、母がよく言っておりました。お目出度い人とそんな風にも思ったりします。愛媛県の大洲という所で生まれたのですが、今みたいに病院などで生まれたのではないのです。父が転勤族で、借り家でしたので、お風呂などはなく、私がこの世にでてきそうな時、お隣のお医者様の、奥様が、お風呂に入りにおいでなさいと、いってくれたそうです。この言葉は私に、母が何回か言った事があります。お隣のお医者様と、ご近所付き合いをしていまして、母は身内なども近くにもなく、言われました言葉が、嬉しかったのでしょう。その私が生まれましたのは、大洲の肱川の横のあたりです。昔ですので、その川へ石鹸をもって行き、水を浴びたという事も、聞いた事があります。

イヤイヤ期の息子から学ぶこと

最近、2歳の我が子のイヤイヤ期がひどくて、プチストレスを感じていました。公園から帰るときも、オムツを変えるのも、お風呂に入るのもなんでも「イヤ!」教科書通りのイヤイヤ加減に、成長過程と頭では分かっていてもついつい怒鳴ってしまって自己嫌悪の日々でした。

そんなある日、ある方のブログに、小学生までべったりだったのに、中学生になると「運動会に来ないで」と言われ、文化祭に行った時、目があってもみてないふりをされ、さみしくなったって書いてありました。それを読んで、そうか、この時期もきっとあっという間で懐かしく感じるんだろうなって思いました。息子「ねぇねぇ」母「ちょっと待って」のやりとりも、息子が話しかけてくれるうちなのですよね。

そうはいっても、正直、余裕がなくなるとやっぱりイライラしてしまいます。毎日、反省の繰り返しですが、子どもと一緒に私も成長したいです。今が一番くっついてくれるんだよね。いつも笑顔のお母さんでいたいです。

 

掛ふとんをはいじゃう息子

3ヶ月になる息子を見ていると、赤ちゃんの足の器用さに驚きます。足の指はまるで手みたいによく動きます。そんな息子は掛け布団が大嫌いで、お布団に寝かせて、ブランケットをかけても「ぐるぅ~」と怪獣みたいな鳴き声をあげて、足を平泳ぎのようにバタつかせ、器用にブランケットをはいでしまいます。

夏はよかったけど、最近、夜は寒くなって、風邪をひかないか心配で心配で…掛けてははぎ、掛けてははぎと毎日戦っています。

長男のときもそうだったような気がします。前がファスナーになっている着る毛布が大活躍でした。これがとても便利なんです。ベストのような形で、丈は足がすっぽりかぶるくらいで前がファスナー仕様です。はぐ心配もないし、手足を自由に動かせるので、ゴロゴロ動きまわれます。2歳になる長男は本当に寝相が悪く、時計の針のように毎日1回転するので、今年もきっとお世話になります。

次男はまだ寝がいりもしないから今年は厚着でのりきります。

公園に息子といきました

11歳の息子なので、四年ぶりくらいになります。息子とは何気に、ぎくしゃくしていて悩んでいました。息子の自転車がパンクしていたのを思い出したので、近くの公園に誘ったら何気に嬉しそうについてきてくれました。

お母さんと公園なんてはずかしいだろうけれど、ついてきてくれた息子くん。遊具ではしゃいで母親と遊ぶ年齢でもないので、近所にある自販機で2人でジュースを買い、まったりとベンチで過ごしていました。

 

学校どう?楽しいこと出来た?勉強困ってる?委員会はちゃんとやってる…?弟と仲良くできてる?

 

うるさいだろうな。

…けれど、最近ギクシャクしていた分きになってたまらない。

息子はジュースを飲みながら、ほんの少し照れ笑いしていました。

 

夕方だったため、ジュースを飲んだら帰宅。一年生の弟が学童保育から帰宅するから。

 

今日は貴重な、時間を過ごせた気がした。

当たり前だけど、特別な時間。

息子、つきあってくれてありがとう。

急な眠気が襲ってきた!

今週は、仕事でトラブしまった案件があって、その処理対応に

現場と、営業と、お客様との電話に追われて過ごした4日間でした。

 

さらに、同僚が1人1週間不在ということで、やったことのない

大口の仕事を任されて、あたふたあたふたしてました。

 

トラブった仕事は、とりあえず上司が今日謝罪に現場に出向いてくれなんとか解決。

 

そして、大口の仕事も、何かと抜けまくっていたようだけど、周りのサポートもあって

ある程度片付きました。

 

やれやれと思いながら、別の仕事をして、定時が過ぎた頃、

急な眠気がやってきたんです。

意識を失いそうなぐらいの強い眠気で、どうしようと思って外に出て外の空気を吸いました。

 

しかし、事務所に戻ると、またもや強い眠気です。

明日、打ち合わせがあるから、今日片付けておきたい仕事があるのに、

進みそうになく、これはやばいととりあえず珈琲を入れて飲みました。

 

眠気はそれでも簡単には消えてくれず、朦朧としながら作業をしていたら

ようやく眠気がましになりました。

 

気が抜けるときっと一気に眠気ってくるんですね。

焦りました!

東京がっつり観光の旅

先日、友人と東京に行って来ました。

新幹線とホテルがセットの格安ツアーでしたが、大変充実した旅行でした。

1日目はお昼頃に東京に着き、ドラマ「HERO」のロケ地の辰巳の森緑道公園へ行きました。突然、並木道が現れて驚きましたが、散歩やマラソンにぴったりの清々しい公園でした。実際に走っている方が何人もいらっしゃいました。そして、夕方には東京スカイツリーに行って来ました。老若男女、様々な国の方々がライトアップの瞬間を今か今かと待っていました。柔らか色で段々と青くなっていくスカイツリーは幻想的で大変美しかったです。

2日目は国会議事堂と警視庁を外から見学し、様々なドラマで使われているスポットを写真に納めました。朝早かったですが、警察官の方々がたくさん立っていらっしゃって、物々しい雰囲気でした。そして、日テレを見学し、東京駅へと戻りました。東京駅近くのキッテでお土産を見る予定でしたが、意外と東京のものより、東京以外の美味しいものが集まっていました。それはそれで面白いのですが、東京を堪能するなら東京駅の方がおすすめです。また、改札の外に観光スポットがあったりするので、改札に入る前によく見てから入った方が良いです。ドラマの主人公になったような秋の東京旅でした。